海外旅行でLINEも料金無料?出発の前に知っておきたいiPhone術

楽しい海外旅行を控え気がかりなのは「海外でもLINEは無料で使えるのか?」また、iPhoneでネット接続を料金の心配なく使いたいけど、どうしたらいいかよくわからないと困っていませんか?現地でも何かと活躍してくれるスマホですが、後から高額な請求がくるのでは不安な気持ちになるのは避けたいですよね。初心者向けに安心してネット接続、連絡ができるiPhone術をまとめました。

ここでは普段スマホを「電話やライン、メール、ネットで検索、地図を見る」など、基本的な使いかたをされている方対象にお話しますので、複雑なややこしい裏技はなし!なるべくシンプルに進められる方法をご紹介しています。

スポンサードリンク

海外でLINEは無料で使えるの?

LINEは基本、「データ通信料金」はかかっています。そのことを前提にお答えすると、

海外でも日本国内と同じ様に無料感覚で使えます。

「無料感覚」というのは、日本での使用時でもそうなんですが、

LINEのやりとりや、LINEでの通話はパケット量はくっていますので、データ通信料金を払っている以上、

完全無料で使用できているわけではないからです。

ただ、ほとんどの方たちが使用したパケット量の意識がないため、無料感覚になってしまうんですね。

ただ、海外で泊まったホテルのサービスの無料WiFiを使ってLINEをしたらば、それはまさに、

海外でLINEを無料でできた」ことになります。

海外でLINEを使う時に注意したいポイント

海外からの連絡のやりとりに便利なLINEですが気をつけて欲しいことがいくつかあります。

Wifiが途切れて、知らないうちに4G回線,データ通信を使用してしまわないように注意が必要。

防止策として、データ通信オフにする、データローミングをオフにするなどして防ぎましょう。あくまでも無料のWIfi環境で使ってこそ、LINEでのお得な利用ですよね♪

家庭の電話には発信できません。(当たり前ですが…)あくまでLINEユーザー同士の通話やトークになります。あらかじめ会話や連絡をしたい人にはLINEアプリをダウンロードし、事前に開通しておきましょう〜。

海外旅行でiPhoneのデータ通信(ネット接続)をなるべく安くしたい。

海外でネット接続するには主に以下の3つの方法があります。

  1. 普段使っているキャリア(docomo,au,ソフトバンク)が用意している海外パケットプランを利用。
    (データローミング)
  2. 海外用のモバイルルーターをレンタルして使用
  3. SIMフリーの機種であれば、現地でSIMを購入して使用

では順番に説明していきますね。

 

1.普段使っているキャリアで用意している海外パケットプランを利用。

いわゆる「海外データローミング」のことです。

データローミング!?なんじゃそりゃ…。

データローミングとは

「普段使っている日本のキャリア(docomo,au,ソフトバンク)の届かないエリア外へ行った時に、
各会社が提携している海外の携帯会社の電波を使って通信できるようにすること」です。

使うにあたっては特に契約の手続きをすることも書類のやりとりもなく、
iPhoneの端末にある設定のデーターローミングのオン・オフだけでOK!
という大変便利で手間のかからない方法で楽です。

注意ポイントは

  • 自分のスマホが国際ローミングが可能な状態か契約状況をチェック。
  • 各携帯会社が設けている海外用プランを利用。

例)NTTドコモ、au,ソフトバンク「海外パケット定額プラン」があり、1日最大2980円でデータ通信が使いたい放題。
それぞれプランのネーミングは違います。

  • NTTドコモ「海外パケ・ホーダイ」
  • au「海外ダブル定期」
  • ソフトバンク「海外パケットし放題」

ほか、NTTドコモの「海外1dayパケ」やau「世界データ定額」ソフトバンクの「アメリカ放題」などがありますが、これらは
申し込みや、事前のデータチャージ加入が必要だったりするので注意が必要。

メリット

  • 今使用しているスマホだけで他に用意するものもなくそのまま使える
  • 面倒な手続き不要

 

デメリットは

  • 料金が割高になる場合が多い。

 

この方法を選んだ場合,

海外へ出発前にやるべきこと

  • ローミングの設定をオフにする。(現地に着いてからオン)

例)iPhoneの場合

設定/モバイルデーター通信/通信のオプション/
データローミングをオフにする

  • アプリの自動更新をオフにする。

設定/iTunesStoreとAPP store/

 

 2.海外用WiFiルーターをレンタルして使う

メリット

  • 料金が比較的割安
  • 空港で借りて空港で返却と便利で手軽
  • スマホ、タブレット、PCなどほかの機器も接続できる
  • 友達などとシェアできる

デメリット

  • 出発から帰国するまでの日数分の料金が必要。(使わなくても同じ)
  • ルーターとともに持ち歩かないといけない
  • ルーターの充電も気にかける必要が出てくる
  • 使用できる容量に上限がある
  • 破損や損傷の心配

 

3.現地で格安SIMを買う

慣れない土地で、言語も通じない中対応するのは初心者には正直ハードルが高いです。
経験としてぜひチャレンジしてみたい人は別として…。あまり慣れていない方にはおすすめできません。

メリット

  • ほかの2つの方法よりも安い

デメリット

  • 現地でショップを探す手間がかかる
  • SIMカードの設定や、SIMロック解除などのしないといけない

 

SIMカードってなに?

端末に差し込む、金色の小さいカード、見た覚えありませんか?電話番号など通話やネット接続に必要な情報が記録されたICカードなんです。

SIMロック解除って?

SIMカードを差し替えることによってどの端末でも自分の端末として使える様にしたもの。

SIMロック解除が総務省によって義務付けされたおかげでずいぶん便利になりました。それまでは他のキャリアのSIMカードを受け付けない様にロックがかかっており、乗り換えをする時には、新たにそのキャリアのSIMカードを作成しなければいけませんでしたから。

機内モードとは?

飛行機で「ドアが閉まりました」の機内アナウンスで「機内モード」に切り替えます。

離着陸や飛行中には必ず「機内モード」にしますが、この機内モードってそもそも何?どうなること?と疑問に思っていませんか?

機内モードとは、

  • 通信ネットワーク (音声およびデータ)
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • GPS,位置情報サービス

端末の全ての通信をオフにする機能です。

「航空安全基準」に従い、飛行機の中での電子機器の使用が制限されています。
飛行機の中での利用を想定した機能のため「機内モード」というネーミングになっています。

なるほど、これで納得の「機内モード」

ただ、じゃ、電源オフでいいのでは?となりますが、機内で音楽を聞いたり、時計機能やアプリを使ったりはできるので便利です。

飛行機の中だけでなく、普段にも病院や、会議、映画館なんかでも機内モードをオンにすることで素早く操作できます。iPhoneの電源オフって少し時間かかりますからサッと切ってサッとつけるにはとても使いかってがいいですよね。

まとめ

日本と同じ様に海外の地でiPhoneをサクサク使いたいですよね。地図アプリに、翻訳アプリ。美味しいお店も検索したいし、旅行の写真も送りたい〜。

でも、うっかり設定の仕方を間違って、帰国後にびっくりする様な高額請求がきているなんてなりたくないです。海外旅行でのiPhone術ぜひ自分の使う量や目的に合わせて、最適な方法を選んで思いっきり楽しい旅ライフを送ってください♪

 

 

スポンサードリンク