ハロウィンを大人ひとりで楽しむコツ

ハロウィンといえば仮装パーティ。仲間でワイワイ集まってとか、子どもと一緒に家族で賑やかにというのが世間様のハロウィンの過ごし方ですね。ただ、子どもも独立し、夫も仕事で遅いという50代主婦の私にとってはぶっちゃけ一人でもそれなりにまったり楽しみたい。ということで大人お一人様仕様のハロウィンの楽しみ方をご紹介します。

スポンサードリンク

1.ハロウィン限定スイーツを食べる

お家でにんまり楽しめるのは何と言ってもハロウィン限定スイーツ。
ネットで検索すれば出るわ出るわ商売根性の固まりのような限定スイーツが。この時期しか食べられないハロウィン限定ものを見つけたらもうニヤケがとまりませんね。

資生堂パーラー 【ハロウィン限定・ギフト・スイーツ・チョコレート】

みんなで分け合う必要がないので自分の好みで選べるし、一人勝ちのようなもの。

高価なハロウィン限定スイーツをゆったりと部屋で一人で満喫する。それに合うコーヒーなり、ワインなりとともにゆったり過ごすのも乙ですよね♪

2.ホラー映画鑑賞

ハロウィンは元々は死者にまつわる祭り事。

魔女、黒猫、ドラキュラ、ミイラ、ゾンビなど仮装した人があふれる夜です。大人のお一人様は安全な家の中でホラー映画をゆっくり鑑賞。

この時期はハロウィンに合わせてか、ホラー映画特集なんかも企画されていたりと渡りに船です。

またホラー映画は苦手という人なら、魔法の学校や魔女などが出てくるファンタジー映画を観てはいかがでしょう。ハリーポッターを見直したり、ロード・オブ・ザ・リングも私の好きなシリーズの一つです。夢があって世界観がすばらしいですよ。イケメンもでてきますし♪

 

3.ハロウィンカラーのコーデ

しとり仮装まではいかなくても、ちょっとした仮装気分を味わいたいという大人な人におすすめなのがハロウィンカラーのコーデ。

紫と黒、

オレンジと黒

などの配色をどこかに取り入れてみては?

4.ハロウインネイルをする

普段ネイルをしない人もこの日は特別。思い切ってネイルショップでハロウィン仕様のネイルをしてもらいませんか。

自分ではなかなかうまくできないけど、ネイルにお金をかけるのもイヤな私の様な50代主婦もハロウィン仕様のネイルなら気分も上がり、家事も仕事も楽しくできそう。

又は、簡単に安上がりにネイルシールをつけるだけでもOK!種類も豊富でお手軽♪
貼るだけなんで、とれてもすぐ別のをつけたらおしまいですもんね。

【メール便可】ハロウィン 貼るだけ ネイル ジ

 

ハロウィンネイル

見た目もおしゃれで、「この人楽しんでいるな」とセンスいい雰囲気オーラが♪

5.テーマパークひとり参加

これはかなりハードル高いように思いますが、USJの一人参加やTDLの一人参加って流行っているらしいです。「一人インパ」とかいうんですって。

テーマパーク自体にもそれぞれイベントあるし、人混みの中、誰が一人参加とか気にしている人いないようです。

友達を誘うのって日程をあわせたり、突然こどもが熱出したとか急に予定変更になったりといままでいろいろな経験をしてきました。

もう今では何も怖くないという気持ちもあってどんどん一人参加しようと思っています。

あとがき

いかがでしょう。一人で過ごすハロウィン、寂しいと思いましたか?

私はワクワクしてきました♪

実は子育て真っ最中の頃、子どもたちのためにハロウインの日を「楽しませなくちゃ」とか「何か想い出の残ることを」とかいう目に見えないプレッシャーで憂鬱だったんですよね。

その時は夢中で周りの雰囲気にのまれながら、ハロウインを演出していましたが今から考えるとしんどかったなと。

その点今は解放、ハロウィン楽しもうがスルーしようが自分の意志次第。

ラクです。

今は子どもたちは自分で楽しみ方を見つけてもらえばいいし、私は自由に好きにハロウィンを満喫すればいい。面倒だったらハロウィンなんてどこふく風としらんぷりしてもいいですしね。

でもどうせなら、季節のイベントは楽しみたい派なので大人一人のハロウィンの楽しみ方をピックアップしてみました。自分らしく、大人ひとりで楽しむハロウィンを過ごしてみませんか♪

スポンサードリンク