和歌山でホタル鑑賞と丹生都比売神社の境内ライトアップ

ホタルの季節ですね!近所の川ではさっぱり見る事ができないホタルの舞う風景。自然いっぱいの和歌山でホタルを思いっきり鑑賞してきました!ホタルが間近でみれる和歌山の穴場とは!?

スポンサードリンク

和歌山の丹生都比売神社のホタル鑑賞会はすばらしい!

和歌山にある丹生都比売神社が毎年(?)やっている「ホタル鑑賞会」に初参加。今年は6月10日日曜日でした。(はい、昨日です)ホタルやカエル、昆虫など大好きなオットがわざわざこの日に予定を合わせ楽しみに。

夜の7時10分から境内のライトアップが始まり、ホタル鑑賞会に参加する人は駐車場向かいの売店横の受付へ。

まったく初体験の私たち夫婦は「カンパ」箱におののき、ホタル観賞会の受付へ近づく事ができませんでした。

「カンパ」って相場が全く検討がつかないので困りませんか?

何百円でもいいのかそれとも「1000円はするやろ、普通!」って内心思われるのかこわいですよね。それなら「ワンコインカンパ」とか金額を明確にして、気持ちのある人はそれ以上すればいいし、カンパしたいけど500円くらいで勘弁して〜って思う人は気兼ねなくできるし。

数週間前からホタル鑑賞を楽しみにやってきたオットは意気消沈。そのまま帰ろうかとも思いましたがなんとなく名残惜しくて残っていました。

予定時間になり、ホタルについての解説が一通り終わったあと、午後8時ころからA~D班に分かれて、それぞれの班のリーダーが先導してホタル鑑賞できる場所に案内してくれることに。約1時間半所有時間で現地自由解散。

「D班の人出発〜〜」と時間差で出発し始めました。私たちはとにかくどっかの班についていこう!ってことでぞろぞろ列をなして歩いている班の後ろへついていきました。

別に強制のカンパでないのでお金を払った人だけ案内するという心の狭いこともなく、点呼することもなく周辺の川沿いをそれぞれ三十人ほどの団体で川に舞うホタルを見ながら夜の散策。

「マムシもでますから、気をつけて!」

ですよね。そういう自然だからホタルもいるんですよね。

ホタルがあちこちにふわ〜ふわ〜と飛んでいます。柔らかい光が優しく、癒されます。

ぐるっと田んぼと川の間の広いあぜ道を散策して次は山側のほうへ。川に舞うホタルもいいけど山に見るホタルも幻想的。まるで絵本の中にに迷い込んだようです。ホタルはあまり機敏ではないようでふわっとこちらに飛んできて私の袖にとまったりも・・・。私の袖でぷわ〜んと暖かく光るのが可愛らしかったです〜。

こんなに間近にホタルが見れるなんて・・・。いつも遠くの橋の上からほたるの光を見るくらいだったので感動しました。残念ながらこの素敵なホタルの風景はカメラには収めることができませんでした。撮ってはみたのですが、カメラの技術が私になく真っ暗で・・・。写真にとることに気を注ぐよりもしっかりと目の中に焼き付けておくことにしました。ザンネン・・・。

なんかわかりません・・・・。

 

 

でもこういう体験ができるのは地元の尽力してくださっている方々、ホタルを守っている会の人たちのおかげなんだと思います。ホタルの保護もそうですが、あぜ道を歩きやすく草を刈ってくれていたり、マムシ退治をしてくれていたり・・・。ほぼ無償でボランティアでしょう。大変ですよね。

来年も行くつもりをしていますが、来年はしっかりカンパさせていただきます!こんなすばらしいホタル鑑賞を体験できた感謝の気持ちと、今後も未来を担う子供達のために続けていただきたいので!

最後にまわった民家の家近くの川にはたくさんのホタルが輝きあっていました。この日はまだ肌寒く、例年より少なめということでしたが私たちは大満足でした。一番いいのは1週間後あたりかな〜っておっしゃっていましたが、それ以降になるとホタルの種類がかわり、数は多くはなるけれど小さな光り方のホタルになるので光も弱く、迫力にかけるそうです。

境内ライトアップ

丹生都比売神社のライトアップもきれいで、幻想的。↓まだ夕方くらいの時の写真。

夜もどっぷり深くなると・・・。

 

結構大きい鳥さん。先月お参りにきた時は池の中洲の草の上に置物のようにじっとたっていました。
今回はこの木のてっぺんに!まるでクリスマスツリーのてっぺんの星飾りのよう。堂々としているところがかっこいいですね!この神社の主ではないかと私は密かに思っています。

 

 

茅の輪くぐり

さらに6月は茅の輪くぐりができるようになっています。
災いをお祓いしてくれるそうですよ。もちろんくぐってきました。いいことありますように♪

 

丹生都比売神社

世界文化遺産 人生のみちひらきの神社として有名。

あとがき

御朱印を集めはじめてから神社や寺巡りをよくするようになったのですが、最近の神社は楽しい企画をたくさんしていてびっくり!
お守りのアイディアから、願掛けのしかたなども何度も通って集めるて、いくつか貯まったらこういうものにグレートアップできて・・・など。集めるという心理をくすぐります。まるで大人のスタンプラリーのよう。
そんなこと言ったら失礼に当たりますが楽しみながら神社巡りができるのはとってもいいことですよね!

また、お寺や神社って緑豊かで空気もきれい、フィットンチッドに包まれて健康にもよくて、心も洗われるような気もします。今回のホタル鑑賞も、たまたま御朱印をもらう目的で行った時に見たパンフレットで知ったのがきっかけ。それぞれ奈良の方でも紫陽花がきれいな寺や、バラに包まれた寺などそれぞれ特徴があったりします。

この年齢になってから、こういうところに興味が湧くのは「いかにも」でしょうか?学生の頃に修学旅行でまわった仏像や神社は退屈で仕方なかったのに不思議なものですよね。

御朱印めぐりとそのプラスα。今回は「ホタル鑑賞」でした。御朱印をいただきにお参りに行かなければ経験することはできなかったと思います。これはお参りに行かせていただいたサプライズご褒美?と思って感謝です!

サプライズといえば帰りの車の中にちいさなカエルが。運転席のダッシュボードにちょこんと座ってこちらを見ていたんです。わたしはてっきりオットがちいさなカエルの置物をいつのまにか飾ったんだとおもって「これ何?」って何気なく聞いたら「!!カエルやっ!!」あわてて外へ逃しました。どっから入ったんだか・・・・。これもサプライズ!?

 

 

 

 

スポンサードリンク