わたしのウチにはなにもない。に憧れて~

nanimonai

実家が物が多く、片付け下手な母親と、物を捨てられない祖母に囲まれて汚部屋暮らしだったところから
大地震の経験などをきっかけに、紆余曲折の後、物を捨てたい病を発症(!)、がら~~んとした部屋の何もない部屋へ到達するまでのお話。
です。

結婚指輪をもらったら婚約指輪を捨てたくなったり、マンガの原稿さえも発行後には捨てたいなってうずうずしたりと
かなり極端なんですが、それぐらいの荒療治をしなければ今の家は片付かない気がしています。

捨てるふんぎりのつけ方、一緒に住む家族との折り合いの付け方など捨てるコツや片付けのルールなど
とても参考になりました。(但し1~2巻)

なくても暮らしていける。
不便を楽しむ工夫。
掃除は心を磨く修行。

など、今の環境を少しでも変えたいという人なら読んで損はないと思います。
ゆるりまいさんのこの本の好きなところは、捨てるものは思いっきりよく捨てるんですが
残すものは厳選したもののみにし、ずっと眺めて入れるような素敵な物たちを選んでいるということ。
そして前からあったものでも残すものには、愛情をこめ、磨いたり、修理したりして再び「私はやっぱりこれ大好き!」と思えるものを大事にする点。

無作為に何もかも捨てるのではなくて、ちゃんと行動に軸があり、物とちゃんと向き合っている証拠だと思うんです。

どこに何があるかわからない大量の物たちに囲まれて、欲しいものがbなかなか出てこないなんてことありませんか?
探せないのは無いと同じ・・・・。ただただ場所を狭くしているだけ。

もののない暮らし憧れます。というかめざします。まずは大量の読もうとして半分も読めていない本、処分です。
もう気持ちも冷めてしまって、読みたくなっても図書館にもあるし・・・。まずは本から。でもどうせなら少しでもお金になったほうが嬉しいので
買い取ってもらうことにします。昔はダンボール箱に詰め込んで台車で古本の買取店まで持って行って、と苦労の割には数百円でがっかりしましたが
今は宅配買い取り。送料無料で買い取ってくれるんですね。どうせ捨ててゼロ円ならそういうシステム使わないと損ですね~☆

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です