50代からのアンチエイジングのコツ~老化と向き合う方法

50代の女性って「自分さえ頑張ればなんとかできる」という頑張りすぎる世代ではないでしょうか?そんな気持ちとは裏腹にどんどん思うようにできないココロとカラダを抱え、とまどっている人も少なくないと思います。50代からでも遅くない健康的な美しさを手に入れるアンチエイジングのコツをお話します。

8315214095_2ba519cb0c_n

スポンサードリンク

50代ではじめて出合う「老化」という現実。

老化ってある日突然警告されるものではありません。人生の延長線上で、自分ではまだまだ若いつもりで生活している中で「あれれ?」が少しずつ積み重なって気づいてくるものなんです。

「あれれ?」というのは何かというと、

  • 今まで難なくできていたことができなくなること。
  • スピードが遅くなること、
  • 疲れやすくなること。
  • 外観が衰え始めること。
  • ネガティブ思考に向きがち

並べはじめるとキリがないくらい、人生初「老化」との衝撃的なご対面です。

いままで他人事、遠い先と思っていた「老化」がいま自分に降りかかっている状態は最初は受け入れがたいものです。特に50代前後からやってくる「更年期」は最大のヤマ場かも。老けの原因は更年期なのか・・・?

50代女性の「老け」は更年期のせい?

40代、50代からやってくる更年期はざっくりいうと女性ホルモンの減少によるものです。いままで女性らしさの源であった女性ホルモンが枯渇してくることによって、

  • 肌の弾力、潤いがなくなる。
  • 髪が乾燥しパサパサ、抜け毛が多くなり、細く弱くなる。
  • 代謝が悪くなるので脂肪が付きやすい
  • 「イライラ」「不安」「うつ」など精神面のストレス
  • 体調不調

などの「更年期症状」が訪れます。なので外観面で言えばいくら外から高額な美容液や美容機器で働きかけをしても効果がないのはある意味当然なんですよね。
ただし「更年期だからしかたない」とあきらめると、ますます老けが加速するのみ。
じゃ、いったいどうしたらいいの?

50歳からのアンチエイジングは何から始める?

50歳からのアンチエイジングは外観のうわべをいくらリメイクしても間に合わないというのは前述のとおりです。

するべきことは「体内のアンチエイジング」細胞レベルから老け防止をすることです。

しわやくすみ、たるみももちろん気になりますが、外観の変化はそのままカラダの中の状態を映し出す鏡。カラダの中も同様に老けているということです。細胞からアンチエイジングが必要な年代なんです。人間のカラダをつくっているのは60兆もの細胞です。それぞれの箇所の色々な細胞が加齢のために弱ったり、機能できなくなっていることでおこる老化現象。
そんな弱気な細胞たちを内面からサポートしてあげ変化をおこせば、連動しておのずから外観面も美しくなる、理想のアンチエイジングではないでしょうか。

50歳から始めるアンチエイジングのコツ

karriezhu / Pixabay

細胞の一つ一つに働きかけるには「食べもの」が重要ポイントです。身体をつくるのは食べ物以外にありません。栄養バランスのいい食べ物を選び、身体の土台作りをし、免疫力、自然治癒力を強化、添加物やたばこの煙、廃棄ガス、または便秘による体内の有毒ガスなどを体に溜めないようにデトックス機能を働かせ、さらに効果をプラスするために良質な油をとる。この流れをざざっと頭に入れて毎日の習慣にとりこめば内面も外面も少しずつ変化が表れてきます。

  • からだにいい食べ物をとる
    (ホールフード、スーパーフード、和食などバランスの良い食べ物を3食規則正しく食べる)
  • 糖化防止
    (精製された白い砂糖、白米、小麦粉など白い食べ物をできるだけ避ける)
  • 酸化防止
    (抗酸化食品をたべて活性酸素を減らす)
  • デットクス
    (便秘解消、体内の毒素を排出)
  • 良質の油をとる
    (美肌効果、栄養分を吸収しやすくする)

体にいい「食べ物」と「生活習慣」で若々しいカラダとココロを作ること。

体の細胞レベルでの改善なので正直、時間はかかるかも知れませんが、確実な手ごたえはつかむことが出来るはずです。もちろんこれは50歳に限らず30代からでも、60代からでも人間なら誰しも当てはまるアンチエイジングのコツです。まずは1か月を目標に始めてみてはいかがでしょうか。下記の細胞が生まれ変わる周期を参考に、じっくりと長期的に取り組んでくださいね。

人の細胞が生まれ変わる周期

※脳細胞、心筋細胞は生まれ変わりません。
※正常に新陳代謝が行われた場合の目安期間です。

  • 肌や髪 約28日
  • 筋肉や肝臓 約60日
  • 骨細胞 約90日 (骨全体は約2年~)
  • 小腸の上皮細胞 約2日
  • 胃 約5日
  • 赤血球の寿命 120日

臓器によってそれぞれ差があるので、細胞レベルで入れ替わるのは約5~7年となります。でももちろん個人差、年齢差もあり、例えば50代の肌代謝は75日にもなるとも言われています。
そんな細胞レベルのアンチエイジング方法、気長に習慣づけることが大きなポイントです。
面倒、即効性がないと諦めますか?今始めることで5年後、10年後の自分が健康できれいに生まれ変わるなら「始めときゃよかった・・・。」と後悔するのはもったいないです。気づいた今が始めどき。5年後の自分のために♪

 

 

 

スポンサードリンク